東海道二十三次 前編

 

どうも、ゆっけりんです。

風は秋、日差しは夏というなんとも晩夏らしい気候となってきたと思ったらまた台風がやってきましたがみなさんいかがお過ごしでしょうか。僕はこの夏いろいろありすぎて吐きそうですがなんとか生きています。

 さて、今回は「東海道二十三次」と題しまして、東海道線の沼津-東京間の全23駅で下車して、その地のいろいろなスポットを写真に収めよう!という旅をやりました。そのために欠かせないのがこの切符。

f:id:Eiyoku_JK:20180820011507j:plain

東京まで2270円もかかるこの切符は小田急を利用する機会が増えた中なかなか使うことのない切符ですが、「重複区間がなければ途中駅で何度でも途中下車できる」という素晴らしい利点があります。どうせならこのメリットを最大限活用してやろうと思って思いついたのがこの旅な訳です。貧乏くさいとか言わない。

 それではさっそく行きたいと思います。

#0 沼津 Numazu(静岡県沼津市

f:id:Eiyoku_JK:20180820013405j:plain

旅の始点はおなじみ沼。ナンバリングつけるんだったら駅名標ごと交換しろよ。今の時代になってもまだ国鉄の遺構を引きずるのか・・・と言った感じです。国鉄フォントとFrutiger似合わな過ぎ。だっせ。

f:id:Eiyoku_JK:20180820013355j:plain

8時4分発三島行の次が8時29分発小金井行という頭がおかしすぎてコメントする気にもなれないクソダイヤですが、そんなこと言ってても仕方ないので大人しく8時29分発小金井行の電車に乗ってまずは三島を目指すことにします。

#1 三島 Mishima(静岡県三島市

f:id:Eiyoku_JK:20180820013513j:plain

 三島駅静岡県で3番目に乗車人員が多いターミナル駅です。現業の人にとっては悪名高きあの刑務所があることで有名ですかね。あれは北口ですけど。

三島も新幹線駅であるにもかかわらずまちづくりは成功しませんでしたね。まあ東京のベッドタウンとして人を呼び込むことには成功したわけですが、駅前通りの人通りは乏しく感じられます。でもそんな三島に再開発ビルが出来るとのこと。イメージ図を見るとかなりエモいマンション併設型のショッピングモールだったので、完成したらぜひぜひ行きたいですね。少なくともイーラdeの二の舞にはならなそうなので良かったです。

f:id:Eiyoku_JK:20180824021903j:plain

三島駅前に京昌園があるという。誰か奢って♡

f:id:Eiyoku_JK:20180820015005j:plain

ASTY三島South。離れ小島みたいな駅ビル、よく見かけますが流行りですかね。

三島駅は何回も何回も来ているので写真撮るのは控えめにして10分後の電車で函南に向かうこととします。

#2 函南 Kannami(静岡県田方郡函南町

 これですよこれ。JR東海の車掌さんもTOAの人も三浦七緒子さんもみーんな「かん↓なみ↑」って読んじゃう、でも地元民からしたら違和感アリアリのアリ。地元民は「か↑んなみ↓」と「か」に強勢をつけて読むと思います。どうでもいい話ですけど。

f:id:Eiyoku_JK:20180820013647j:plain

函南駅は一回だけ降りたことがあります。小6の頃、英検を受けに三島の日大まで行ったその帰りに東海道線に乗ろうとしたのですが間違えて熱海方面の列車に乗ってしまい、その時に慌てて降りたのがここ函南です。山の中で何もなく「・・・」となったのを覚えています。f:id:Eiyoku_JK:20180820013700j:plain

周りが山だらけ~という駅前です。まあ中心部から大きく外れたところに駅があるので仕方ないですね。函南町の中心駅は駿豆線伊豆仁田駅になるのではないでしょうか。

f:id:Eiyoku_JK:20180820013704j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820022056j:plain

奥にJR東海の変電所が見えます。そのさらに奥には丹那トンネル。総延長7804mの長大トンネルです。今から100年前の1918年に建設が開始され、数々の難工事によって犠牲者を生みながらも何とか25年後の1933年に完成したというトンネルです。

#3 熱海 Atami(静岡県熱海市

f:id:Eiyoku_JK:20180820014812j:plain

熱海駅舎。すっかりきれいな駅ビルに生まれ変わりました。そして観光地なだけあって人が多い多い。ワンチャン浜松よりも多いよこれ。

f:id:Eiyoku_JK:20180820015423j:plain

 

f:id:Eiyoku_JK:20180820022138j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820022142j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820022149j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820022153j:plain

スプリンクラーのクセが強い!

f:id:Eiyoku_JK:20180820022206j:plain

伊豆クレイルのマークとJR東海のナンバリングが共生するのもなかなか珍しいですね。

 ここで静岡県とはおさらばし、いよいよ神奈川県の湯河原へと入っていきます。

#4 湯河原 Yugawara(神奈川県足柄下郡湯河原町

f:id:Eiyoku_JK:20180820015458j:plain

湯河原。まさに温泉!!!って感じの名前の駅ですね。熱海湯河原間は山がちでトンネルが多く丹那トンネルを超えた先も電波不通区間が続くのですが、それでも熱海市とは県境を越えて交流が深く、過去には越境合併が画策されたのは有名な話です。

f:id:Eiyoku_JK:20180820015512j:plain

2017年10月に完成したばかりの駅前広場。

f:id:Eiyoku_JK:20180820015523j:plain

なんとFREE Wi-Fiが利用できるとのこと。かなり外国人観光客への対応を意識した形となっているのではないでしょうか。

f:id:Eiyoku_JK:20180820015534j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820015542j:plain

 

f:id:Eiyoku_JK:20180820015550j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820023122j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820023135j:plain

奥湯河原って何かワクワクする地名ですね。湯河原に限らず奥○○という地名が好きです。奥日光とか。

f:id:Eiyoku_JK:20180820023139j:plain

デニーズ。下にセブン&アイ・ホールディングスのマークが付いているとどうしても「おっコンビニあんじゃ~ん」と錯覚してしまいます。

f:id:Eiyoku_JK:20180820023146j:plain

これがうわさのちんぽょですか。かわいい。

#5 真鶴 Manazuru(神奈川県足柄下郡真鶴町

f:id:Eiyoku_JK:20180820020106j:plain

真鶴半島の根本に位置する駅です。

f:id:Eiyoku_JK:20180820015858j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820015903j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820015912j:plain

駅前はかなり小規模な作りですが、駅前の道路を渡るには上の画像左の地下道を通っていかなければいけないという構造です。f:id:Eiyoku_JK:20180820015922j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820023404j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820023551j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820023413j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820023425j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820023431j:plain

いきなり近代的な建物が現れました。どうやらまなづる図書館という図書館のようです。

f:id:Eiyoku_JK:20180820023443j:plain

坂が多くて多くて。2年前に行った石巻の街を思い出します。

f:id:Eiyoku_JK:20180820023447j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820023451j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820023455j:plain

大松「唐揚げにレモンかけておいたぞ」

そういや大松尚逸さん今何してるんですかね?

f:id:Eiyoku_JK:20180820023500j:plain

 

#6 根府川 Nebukawa(神奈川県小田原市

f:id:Eiyoku_JK:20180820020158j:plain

根府川!元々は東海道本線(支線除く)で唯一の無人駅として有名でしたが、昨年JR東海区間で複数の駅が無人化された影響で今は違うそうです。

ここから小田原市所在の駅が5駅続きます。ちなみに小田原市はなんと18もの鉄道駅が市内に存在しているというビッグシティです。

f:id:Eiyoku_JK:20180820020205j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820020254j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820020300j:plain

駅員不在の駅長って管理駅の駅長の事なんですかね。

f:id:Eiyoku_JK:20180820020312j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820020320j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820020325j:plain

すごい。何年前の銘板なんでしょう...

#7 早川 Hayakawa(神奈川県小田原市

f:id:Eiyoku_JK:20180820020359j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820020410j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820020414j:plain

こぢんまりとした駅舎。根府川同様利用客はかなり少ない駅です。

ここから小田原までの2.1kmは歩いていきます。あとで考えたらそれほど近い距離ではなく、さらに小田原城を遠回りして歩いたため1時間くらいかかってしまいましたが、まあ良いとしましょう。

f:id:Eiyoku_JK:20180820020417j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820020432j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820020442j:plain

Ichiya-jo Historical ParkのしたにちゃんとOne night Castleって併記するの 有能

f:id:Eiyoku_JK:20180820020447j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820020452j:plain

小田厚だったり西湘バイパスだったり忙しいですね。

f:id:Eiyoku_JK:20180820020455j:plain

海の街という感じがあまりしない小田原も漁港があるんですね。

そういえば沼津にある港は沼津漁港とは言わず沼津港と呼びますが、こちらや焼津などの港は○○漁港と呼びますね。そこの違いって何なんでしょう?

f:id:Eiyoku_JK:20180820020459j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820020503j:plain

なんか始まりの地という感じがしますね。西湘バイパスからはもう一気に湘南という感じがします。良い。

f:id:Eiyoku_JK:20180820020607j:plain

左に行くと箱根、右に行くと小田原市街地。まっすぐ行くと小田原駅までショートカットできるそうです。ちなみに国道135号はこの交差点が終点。下田から東伊豆エリアを経由して小田原に至る国道で、まんま伊豆クレイルの対象地域を通る一般国道です。

ここを右に曲がります。

f:id:Eiyoku_JK:20180820020614j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820020620j:plain

はいグッドデザイン賞

 

f:id:Eiyoku_JK:20180820020624j:plain

ここから東京に通勤するのキツそう。平塚すらもかなり遠いですね。

 

f:id:Eiyoku_JK:20180820020631j:plain

VSE箱根登山鉄道は少しの間東海道線と並走しています。

f:id:Eiyoku_JK:20180820020640j:plain

この雰囲気、沼津の山王通りに似てるなあと思いながら歩いてましたが後で見返してみると意外に似てませんでした

f:id:Eiyoku_JK:20180820020659j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820020711j:plain

駅前に万葉の湯とは贅沢やなぁ。

f:id:Eiyoku_JK:20180820020716j:plain

静岡まで100kmないんですね。神奈川県西部の人はぜひ気軽に静岡行ってみてください(?)

f:id:Eiyoku_JK:20180820020726j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820020735j:plain

近づいてきたぞ...!

f:id:Eiyoku_JK:20180820020745j:plain

大型店舗が続々と撤退した小田原市中心市街地ですがそれでもかなり人通りは多いですね。観光都市と交通の要衝という都市の性質を凄い生かしている感じがします。

#8 小田原 Odawara(神奈川県小田原市

f:id:Eiyoku_JK:20180820020820j:plain

2003年に改築されてから15年経ちますが、今でも新しさは健在ですね。まさにターミナルを絵に描いたような駅だと思います。

f:id:Eiyoku_JK:20180820020825j:plain

今や旧小田急百貨店もこんな感じに。

f:id:Eiyoku_JK:20180820020830j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820020837j:plain

Harune小田原。一回消えかけた地下街が見事に復活しましたね。デッドスペースは多いですが人通りは良い感じ。

f:id:Eiyoku_JK:20180820020842j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820020848j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820020853j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820020857j:plain

いつもはここで東海道線を降りて小田急方面に行くか、またはその逆で小田急を降りて沼津方面に行くのですが今日は小田原から平塚方面の東海道線の電車に乗ることになります。ちょっと新鮮。

f:id:Eiyoku_JK:20180820020903j:plain

#9 鴨宮 Kamonomiya(神奈川県小田原市

f:id:Eiyoku_JK:20180820020947j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820020952j:plain

新幹線発祥の地!鴨宮から綾瀬(神奈川県)まで30kmのモデル線が作られたことに由来するそうです。というより綾瀬までそんな距離あるんか。

ちなみにそのモデル線は現在の東海道新幹線のルートの一部に組み込まれています。

f:id:Eiyoku_JK:20180820020957j:plain

石   田   健   大

石     田      健      大

石       田         健         大

f:id:Eiyoku_JK:20180820021010j:plain

引いて見ると意外にかわいい駅舎?

#10 国府津 Kozu(神奈川県小田原市

f:id:Eiyoku_JK:20180820021042j:plain

御殿場線の起点。古くは東海道線のターミナルとして栄えた駅です。

また東海道線は近くに車両基地がある影響で朝夕中心にこの駅を起発着する列車が多いですね。(東海道線の)国府津行爆破して。(御殿場線の)国府津行もっとください。

f:id:Eiyoku_JK:20180820021047j:plain

313。見慣れた光景ですが東の方々にとっては新鮮なことでしょう。なんて言ったってJR東海の在来線ではもっとも西に位置する駅ですからね(管理はJR東日本)

f:id:Eiyoku_JK:20180820021100j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820021108j:plain

この学校の校舎みたいな駅舎が国府津駅です。ホームの先端、小田原方にコンコースがあるので非常に移動が面倒くさい。間違って15号車に乗ってしまったらもう終わりです。

f:id:Eiyoku_JK:20180820021119j:plain

ほんと庄や多いなぁ。

f:id:Eiyoku_JK:20180820021127j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820021134j:plain

Kouzu

f:id:Eiyoku_JK:20180820021141j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820021145j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820021150j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820021159j:plain

国府津は漢字3文字なのにアルファベットでは4文字、松田は漢字2文字なのにアルファベットでは7文字。でもひらがなにしたら両方3文字...

f:id:Eiyoku_JK:20180820021205j:plain

海~~~~!!!国府津海岸と言うそうな。

f:id:Eiyoku_JK:20180820021216j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820021230j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820021233j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820021238j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820021249j:plain

コンクリート剥き出しの無機質な構造体の目の前に広がる大海原!という少しシュールにも感じる画ではあったもののなかなか新鮮で面白い場所でした。あとレイヤーさんがなぜか多かった。

f:id:Eiyoku_JK:20180820021314j:plain

こうづっ子。

f:id:Eiyoku_JK:20180820021319j:plain

いや〜〜古い。昔は全国にこういうボックスがあったんですかね。

f:id:Eiyoku_JK:20180820021323j:plain

御殿場線のラインカラーは白で表示してるんですね。

f:id:Eiyoku_JK:20180820021330j:plain

#11 二宮 Ninomiya(神奈川県中郡二宮町

f:id:Eiyoku_JK:20180820021424j:plain

実は二宮駅は一回利用したことがあります。大磯ロングビーチに行った時です。大磯ロングビーチ二宮駅大磯駅のちょうど中間地点に位置しており、二宮駅からも充分徒歩でアクセス可能な距離にあります。ちなみに行きに使っただけで帰りはバスで大磯まで行きそこから電車で帰ってきました。

f:id:Eiyoku_JK:20180820021441j:plain

栄通り。昔はどれくらい栄えていたのでしょう。

f:id:Eiyoku_JK:20180820021415j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820021452j:plain

ここら辺、SDカードの故障か何か分かりませんが一部画像が壊れてしまったのでこれだけしか記録を残せず。まあ映像はあるのでセーフ。

#12 大磯 Oiso(神奈川県中郡大磯町)

f:id:Eiyoku_JK:20180820021614j:plain

大磯。確か昔の偉人の方が平塚から大磯の海岸を見て名付けたのが湘南という名前だったと思うので「湘南は大磯!!!」って名乗って良いと思うのですがね。いかんせん茅ヶ崎藤沢辺りの声がデカそう。

f:id:Eiyoku_JK:20180820021621j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820021624j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820021629j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820021632j:plain

駅前コンビニ、ここまでNewDaysが多い印象でしたがここに来てまさかのローソンという。

f:id:Eiyoku_JK:20180820021637j:plain

クリエイトがある安心感よ。静岡県東部はもうクリエイトだらけですからね。ハックドラッグが無くなった今ウェルシアと地域No.1ドラッグストアの座を争うという状態ではないでしょうか。知らんけど。

#13 平塚 Hiratsuka(神奈川県平塚市

f:id:Eiyoku_JK:20180820021723j:plain

おお都会。

f:id:Eiyoku_JK:20180820021735j:plain

カラオケ館静岡県には一軒もないのでここが名古屋までの最後のカラオケ館ということになります。神奈川にはほんとにたくさんあるのに...f:id:Eiyoku_JK:20180820021713j:plain

ちなみに南口はこんな感じ。

北口に戻ります。

f:id:Eiyoku_JK:20180820021742j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820021749j:plain

平塚は七夕祭りの街として非常に有名な街です。治安死ぬほど荒れるらしいですね。

f:id:Eiyoku_JK:20180820021803j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820021808j:plain

あ~ここ凄い沼津。

f:id:Eiyoku_JK:20180820021815j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180820021843j:plain

この道をまっすぐ行けばららぽーと湘南平塚。僕が今最も好きなショッピングモールです。今回は時間の都合上割愛。

f:id:Eiyoku_JK:20180820021846j:plain

ロータリーまでの導入部が長いのも平塚駅北口の特徴だったりします。

f:id:Eiyoku_JK:20180820021849j:plain

このモスク風の建物は何でしょう?

f:id:Eiyoku_JK:20180820021856j:plain

へえ。将棋は何となくはわかりますが囲碁のルールはさっぱりですね。f:id:Eiyoku_JK:20180820021907j:plain

湘南ベルマーレイケイケな街ですね。まあ確かに湘南の風土にはサッカーが似合っている感じもします。

f:id:Eiyoku_JK:20180820021901j:plain

とか思っていたら平塚球場の存在を忘れてました。たま~にベイスターズの二軍戦が開催されるんですよね。

f:id:Eiyoku_JK:20180820021911j:plain

ここ平塚で下車旅は一旦終了。まあこのままやってても多分大船辺りまでは行けましたが、一眼の充電をし忘れた(正確には電源タップのボタンを押し忘れていた)影響でもう電池切れスレスレの状況だったのに加え、帰りに東京-沼津の東海道線の車内放送録音をしたかったので時間の都合上あえなく断念ということに。お目当ての電車は17時41分上野駅を発車する上野東京ライン普通沼津行。またグリーン車の平屋部分が録音しやすいということで僅か12席ではありますがそこの席を確保する事を目指します。まあスピーカー直下に限れば僅か2席なわけですが。

 

ということで1駅1下車は終わりますがこれからも上野駅目指してまだまだ上京して行きますよ。ここからは番外編です。

横浜某所

ところ変わって横浜。行ってみたいところがあったのでそこに。それは横浜駅東口の地下街を過ぎて筒香の大広告がある柱の右手の階段を登ったところにあります。

f:id:Eiyoku_JK:20180821005009j:image

f:id:Eiyoku_JK:20180821005015j:image

f:id:Eiyoku_JK:20180821004914j:image

そう、行ってみたかったところとは...

セブン!

このセブンには少し個人的なエピソードがあるのです。

5年前、あるボウリング場に置いてきてしまった忘れ物を取りに行った後、暇だったので何をしようかなと考えていたところ、何を思ったか東海道線に乗って上京を始めます。横浜に着いたのはなんと17時ごろ。当時はそれほど夜遅くまで外出するのが許されていなかったため(今も21時には帰るようにはしていますが)、17時から横浜を観光するなどということは到底できる訳がなく。わずか数十分の滞在で、立ち寄ったのがこのセブンという訳です。雪見大福とドーナッツとお茶を買ってこのコンビニの前で食べたのを今でも覚えています。そんなん沼津でもできるわい。

しかしこのセブンを引き当てるのにえっらい時間がかかりました。まあ工事しっぱなしなので当時とは通路が違うのかもしれませんが。ポルタのような豪勢な地下街なんて通ったっけっかな?

 

せっかくなのでこの時は行けなかった「みなとみらい21方面」に行くこととします。

f:id:Eiyoku_JK:20180824015101j:plain

はまみらいウォーク。横浜駅東口と新高島駅方面を結ぶ橋です。夜のライトアップが綺麗らしい。

f:id:Eiyoku_JK:20180824015114j:plainf:id:Eiyoku_JK:20180824015215j:plain

この橋を渡って日産ビルの下をくぐった先に新高島駅があります。

ここから横浜駅に戻るのが当たり前なのでしょうが、僕はあえて逆方向の電車に乗りました、

あえてね。

f:id:Eiyoku_JK:20180824015157j:plain

横浜スタジアム

f:id:Eiyoku_JK:20180824014006j:plain

この日は横浜DeNAベイスターズのホームゲームが開催されるということでわざわざ横浜スタジアムまで行って雰囲気だけ味わってきました。本当は野球観たいぜ。

f:id:Eiyoku_JK:20180824013858j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180824013910j:plain

横浜スタジアムの観客席拡幅工事も絶賛進行中といった感じですね。今年の横浜は先発の投壊が酷いのでそのまま外野も拡幅してくれと思うところではありますが、その分横浜打線の豪快なホームランを見られなくなるのかなと思うと悲しい感じもあります。

f:id:Eiyoku_JK:20180824013923j:plainこういう秋風感じる日にビールとか飲んだら最高そう。僕はまだまだ飲めませんが。

f:id:Eiyoku_JK:20180824013937j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180824025508j:plain

f:id:Eiyoku_JK:20180824013947j:plain

あれ・・・この間の19年は・・・?

f:id:Eiyoku_JK:20180824014001j:plain

勝って来いよ〜〜〜と思いながら堂々と退出して来ましたがこの日は結局1-4で負けました。残念。カープ強いね。

帰りは関内から京浜東北線に乗って横浜まで行きます。ちなみに途中下車区間には含まれないので普通に運賃払って行きました。

その後

僕は馬鹿です。大馬鹿です。ここからの展開は罵られて当然な展開。

横浜で降車した後、僕はなぜか京急線乗り場へと向かいました。魔が差しました。なんと川崎まで京急で行くというこのアホさ。しかも京急川崎駅と川崎駅の間は結構離れている訳です。勿論その所要時間も考えないといけないところではあったのですが...後先考えず行動してしまったと猛省しています。

f:id:Eiyoku_JK:20180821013944j:image

京急川崎の発車標ってまだパラパラなんですね。

 

京急川崎で降車後、初めて訪れたアゼリアの中を方向も分からぬまま必死こいて歩いて何とか川崎駅へとたどり着いたものの時すでに遅し。

川崎で乗り込んだ東海道線の電車は、上野17時41分に着く電車。つまり上野駅に着いたと同時に沼津行の電車が上野を発車するということなわけです。アホか。

結局横浜から直で上野まで行っていればなんの問題もなくスムーズに録音&帰宅することが出来てたということに。ハァ・・・(クソデカため息)

 

悲惨な事実を目の当たりにした僕はここで諦め東京で降り、折り返して東京からグリーン車録音して帰ることを画策します。スパッと切り替えるの大事。

東京駅で降車、ここまで何度もお世話になった往路の切符とお別れし、改札を出て直ぐ復路の切符とグリーン券を買ってまた入場しました。なんかお菓子でも買いにNewDaysかどこかに行こうと思ったその時...僕は「東京」を見くびりすぎていたことが分かりました...

 

グリーン車乗車位置に並ぶ、文字通り「大量」の人々。

 

完全に終わりました。終了。

 

勿論お目当ての平屋グリーンなんて座れるはずがなく...一応グリーン券は既に買ってしまったので泣く泣く一席だけ空いていた階上席で一人野球をネット観戦しながら帰りましたとさ。おしまい。

終わりに

といった感じで最後の方は最悪なまでにグダグダになってしまいましたが如何だったでしょうか。後先考えず行動するとこうなるという良い典型例ですね。

(それは置いといて)本編の方では13駅目の平塚まで到達しました。平塚は沼津東京の折り返し地点なので、ちょうど切れ良く前半が終わったという事が言えるのではないでしょうか。平塚まではいわゆる田舎の駅が多いのに対し、平塚からは殆ど全て都会の駅なのでなんだかワクワクしますね。そういう性質の違いなんかも写真に残せたら良いなぁと思います。

 

後編は9月中には行う予定です。またその時お会いしましょう。それでは。