好きな街で打線を組んでみた in Jan. 2018

地元で4年ぶりに降雪するかもしれないという事実に心を踊らせています。

 

どうも、ゆっけりんです。

日本には世界最大の豪雪地帯がありますが、その反面ほとんど雪の降らない地域もあります。例えばここ、静岡県。県庁所在地別の降雪量ランキングの中で毎年降雪量ワースト3には入っています。雪国の人にとっては雪は厄介なものでしかないでしょうが、僕ら静岡人は雪をめったに見ないので少し積もっただけでもかなり大騒ぎします。最後に積もったのは4年前の大寒波の時まで遡るらしい。もうそんな経つのか、と時の流れに驚嘆するばかりでございます。

さて、今回のテーマは好きな街です。最近、Cities:Skylinesをプレイしてて都市というものに今までよりも深い興味が湧いてきました。そこで、なんjの定期スレとして名高い「~~で打線を組んだ」スレの内容を踏襲して自分の好きな街で打線を組んでみよう、と考えたのが今回の記事を立てたきっかけです。

なお今回の打線はほぼショッピングモールの充実度で選んでいます。観光地が壮観だから、とかおいしい飯屋があるから、とか住みやすいから、とかそういう理由ではなく、自分の非常に狭い価値観の中で選んでいる、ということです。治安の良し悪しもほとんど気にしていません。それを言ったら僕の住んでる街も相当悪いですからね。それ以前に人がいませんが。

従って「これマジ?にわかにも程があるだろ…」という感想をお持ちになること必至だと思います。ごめんなさい、許してください。いかんせん旅行というものに非常に疎いのです。行きたい異郷の街はいっぱいあるんですがね。手始めに金沢とか富山行きたい。北陸が見事にエモそうな色出してます。

 それでは行きます。

 

 1(遊)海老名(神奈川県海老名市)

f:id:Eiyoku_JK:20180120163444j:image

ん~~強い。贔屓に海老名みたいな強烈なリードオフマン欲しいですね。桑原大好きですけどね。

海老名の中心市街地の発展は日本随一と言っていいほど目ざといものがありますね。ショッパーズプラザ、イオン、ビナウォーク、ビナフロントにららぽーと!!!ドーン!という衝撃があります。さらには小田急が相模線と小田急線の間の敷地に複合施設を建設中。思わずウワァ〜〜〜と声を上げそうです。

さらに交通の結束点というのもポイント。小田急相鉄相模線。小田原にも新宿にも横浜にも橋本にも茅ヶ崎にも一本で行ける非常に便利な立地。エモエモのエモ。相模線複線化して。

...というわけで、これからも発展が楽しみな街であります。こういう回遊性が高い街は本当に歩いてて楽しいですよね。将来住むなら海老名の近くが良いなぁと思う今日この頃です。

 

 2(右)辻堂(神奈川県藤沢市

 めちゃくちゃバントうまそう。想像しているのは西武・源田です。源田を引き合いに出すなら西武沿線から街を選べよって話なのですが、いかんせんそちら方面の知見がほとんどない。西武線で収録した暁には石神井公園とか所沢、川越に行きたいですね。

話を戻して。辻堂は神奈川県内で海老名と並び開発が進んでいる地域であります。利用客はお隣茅ヶ崎よりも多いのです。ヤバくないですか。なのになぜかアクティー通過。意味が不明。そもそもアクティーなんて要らないんですけどね。

この街は大回りでよく使う駅であります。東京近郊区間の中で隣の茅ヶ崎から西は南北に縦断する路線がないので、東海道線沿線民である僕は茅ヶ崎を始点として辻堂を終点とするルートを組むことが多いのです。なので辻堂では降りたことがよくあります。もっとも、最近は全く大回りしていませんが。

最後に、辻堂はJKと行きたい街ですね。湘南テラスモールからの海浜公園で優勝したい。デートプランとしてはなかなか良さげかなぁと思います。良さげですよね?

 

3(中)町田(東京都町田市)

理想的な中距離打者。.321 22本 93打点くらいの成績を残しそうであります。

「町田は東京の入門編」とうまいことを言った人がいるもので、別に都心に行かずとも大体の買い物は町田で事足りることでしょう。コンパクトながら充実しているショッピングタウンだと思います。

さらにはアクセスも良い。八王子、橋本、新横浜、(横浜)、新宿、下北沢、新百合ヶ丘、海老名、本厚木、小田原。これら全て一本の電車で行けます。これは大きなアドです。あとは多摩センター方面にアクセスできれば完璧なんですがね。多摩モノレールの町田延伸が実現すると良いですよね。

町田は神奈川、とか言ってよくネタにされていますが、横浜、川崎、相模原に囲まれてればそら神奈川と錯覚するわな。3つともインパクトある街ですが、それらに負けずに発展している町田という街には底知れぬ力があるな、と痛感した次第です。

 

4(左)静岡静岡県静岡市

f:id:Eiyoku_JK:20180120170342j:image

期待の若手和製大砲。ふるさと〜〜静岡〜〜〜〜光溢れて〜〜〜〜〜〜〜〜。………「富士よ夢よ友よ」って知ってますか?県民歌とは別に県のシンボルとして作られたもので、愛県歌と言った感じでしょうか。皆さんご存知の通りこういう行政主導で作る楽曲は大抵ダサダサ〜〜って感じなのですが、この富士よ夢よ友よは結構な名曲で、僕は小学生の時に良くニコニコ動画で視聴してました。懐かしいですね。ぜひ検索してみてください。

県の話をしたいわけじゃない。市の話です。この静岡市。ショッピングモールの数が特に多い。パルシェ、アスティ、松坂屋、パルコ、マルイ、モディ、東急スクエア、セノバ、伊勢丹。地方都市でこれだけモール&デパートがあるのも珍しいのではないでしょうか。僕が無知なだけかもしれませんけれども。驚くべきはモディ、東急スクエア、セノバが全て2010年代になってできたショッピングモールだということです(前二つは既存モールの改装として出来たモールですが)。

その上静岡随一の商店街である呉服町商店街はお店が揃っていて、人通りも多い。このことから全国的にも特に活気がある街だということが分かります。隣町のショッピングモールに客を吸われて衰退しきっているどこかの地方都市の中心市街地とは大違いです。

 静岡の中心市街地がこれほどまで商業的に充実しているのは理由があります。理由はこちら。

静岡市の郊外大型ショッピングセンターの市民一人あたり床面積は全国でも最少水準である。これは旧大規模小売店舗法 時代に地元の商業関係者の反対活動によりなかなか出店ができなかった影響である。大規模小売店舗立地法になってからは企業私有地の有効活用などで徐々に増えてきたが、もともと平野部の人口密度が高く、安価で大規模な開発用地が残されていないため、店舗面積3万平米を越えるような大型ショッピングセンターは2013年4月のMARK IS 静岡開業までなかった。 このような旧静岡型の商業体系は閉鎖的であるとかつては批判されていたが、時流が変わり、結果的にそれが中心商店街の活性化維持に繋がった。 しかし一方で、旧静岡地区全体の商業販売高の減少率は郊外店舗が展開する近隣地域より大きく、今後に課題を残している

 

出典: 静岡市 - Wikipedia (2018年1月21日閲覧)

静岡の市街地においては2011年開業のセノバの存在も大きいと思います。セノバは新静岡駅の駅ビルではありますが、ショップの充実度は他の郊外型ショッピングモールと遜色ない。マークイズの影響で静岡市街の商業施設が軒並み潰れるような惨事が起こらなかったのは、セノバが静岡市街地に人の流れを生み出しているからとも言えるでしょう。

ただ上のWikipediaの記事も指摘している通り、年々商品販売額や他にも主要な通りの通行量なんかが減っているそう。人口減などいろいろと原因がありそうですが、、、できれば末永くこの商業的に発展している静岡市の状態を維持していただきたい。ここは静岡市長の手腕に期待するところであります。

 

5.(一)新宿(東京都新宿区)

f:id:Eiyoku_JK:20180120165639j:image

三冠王文句なしですね。怪物級の助っ人外国人みたいな成績を残しそうな街であります。ラミレス、バース、Tローズ、カブレラ…横浜で言えばもちろんロバート・ローズでしょう。オールスターまでに100打点と言うのは流石にレジェンドと言わざるを得ません。

助っ人外国人に例えておいてなんですが、この新宿は日本を代表する繁華街といえます(本当に頭悪い話の導入の仕方でしたね、ごめんなさい🙏)。どこ行っても人、人、人。瀧in三葉が「うわぁ~東京や~~~(恍惚)」って言ったのも頷けますね。多分僕も最初に東京に来たときはこんな反応をしたと思います。忘れちゃいましたが。

さて。新宿が5番の理由は、何といっても小田急の存在が大きいでしょう。新宿では嫌でも乗り換えしますからね。そら愛着も持つようになります。ショッピングモールも他の街とは比べ物にならないくらい多いですから、欲しいものは全部手に入るでしょう。でも新宿でショッピングって都会過ぎて疲れますけどね。新宿でショッピングしたことは殆どありません。Pack for vista買ったのと時計買ったくらいですかね。

5番に据えておきながら言うのもアレですが、僕は新宿の本当に表面的なところしか知らない。新宿でおすすめのネカフェは?とか聞いても絶対に答えられませんもん。本当に駅と駅前200mくらいの範囲しか行ったことないので...逆に言えばそれだけインパクトのある街であるとも言えるでしょう。いつかくまなく探索してみたいですね。

 

6(捕)二子玉川(東京都世田谷区)

f:id:Eiyoku_JK:20180120165036j:image

こないだ行って、お、ええやんってなった街です。上の写真見てください。エモい!こういう吹き抜けのショッピングビルが好きだったりします。先の記事で言及した浜松の遠鉄百貨店であったりとか相模大野のボーノとかもそうですね。

この二子玉川ライズというショッピングモールには東急の開発力というものを感じます。今も昔も人々の行動意欲を掻き立てる、そんなような街づくりをする鉄道会社かなぁと思います。本業の鉄道事業に関して非常に不満を持つ人々は多いですけどね。

あとは玉川高島屋も結構定評が高い。内装もさすが百貨店という感じでかなり凝っていますし、雰囲気もいいです。高島屋で服とか家具とか選ぶ生活を人生一度はしてみたいですね。

この打線の中では少し異彩を放っているおしゃれな街ですが、こういう感じで小綺麗に整備されている街もエモいですね。こんな雰囲気の街が近くにあったらなぁと思います。

 

7(二)本厚木(神奈川県厚木市

f:id:Eiyoku_JK:20180120165215j:image

海老名と言えば本厚木、本厚木と言えば海老名でしょう。もちろん海老名と二遊間組ませますよ。

双子都市、という概念があります。例を出しますと、先に述べた町田・相模原や、高崎・前橋、京都・大津、岡山・倉敷など。静岡で言えば沼津・三島がピンズドです。厚木・海老名も川の対岸に位置する双子都市と言えるでしょう。そして、共に商業的に発展する双子都市でありながら性質がかなり違う。相模大野・町田が共に似た性質ですが、こちらは違う性質。2つは同じ小田急沿線ですが、こういった違いがあるのです。だから小田急は乗ってて楽しい。面白い。

話を戻しましょう。本厚木駅は海老名とは違って単独駅、駅前が古くからの商業地、駅ビルが発展している、駅前の歓楽街が大きい、駅前が県央の行政の中心などの性質を持ちます。実は、他路線と接続または連絡運輸を行なっていない全国の私鉄単独駅の中で一番乗降人員が多い駅らしいです。ハァ〜〜〜ッ(畏怖)。

本厚木の凄いところは、衰退衰退と言われながらも今もなお駅前に活気があるところ。急行快速急行で一駅隣のところにあんなスケールの新興商業施設有する街が出来てしまったのに、それでもなお県央の中心都市としての体裁を保っています。沼津と比べてはいけないなぁと思ってしまう次第です。

 この街、どちらかというと買い物をする、というより歩き回りたい街でしょうか。一眼片手に歩き回りたいフォトジェニックな街、卍な言い方するとインスタ映えする街ですね。一眼を購入したらまず行きたい街、本厚木です。

 

8(三)平塚(神奈川県平塚市

f:id:Eiyoku_JK:20180122010601j:plain

8番とかに内野手がいる打線好きじゃないですか?守備職人っぽい感じしません?さらにそこで3割打ってるとずるずるして気持ちが良い(意味不明)。7番ではありますが広島の安倍とかは非常にこのイメージに近いですね。さらに盗塁もうまいから凄いですわ。安倍の控えも西川ですから、本当広島打線は脅威でしかありません。毎試合毎試合畏怖の連続です。

正直大野とどっちにするか悩みましたが平塚にしました。理由はやっぱりららぽーと湘南平の存在。僕が一番好きなショッピングモールです。駅から徒歩10分と利便性には少し欠けますが、ショップの充実度、雰囲気、回遊性、デザイン全て優れた素晴らしいショッピングモールだと思います。本当に大好きですので週9くらいで通いたいところであります。まぁ、あと1年半待てば平塚より大きなららぽーとが沼津にもできるんですがね。楽しみで仕方ありませんよ。bio欄見れば分かる通りね。

他にも駅南にOSC湘南シティがあったり、駅ビルのラスカ平塚があったりします。ラスカは茅ヶ崎ほどではありませんがかなり規模が大きく、平塚止まりの電車から沼津方面に乗るときの電車待ちの時間にも便利ですね。

さらに驚くのは今度平塚にイオンモールが出来るということ!ららぽーととイオンの二刀流です。しかし建設地は平塚というよりほぼ厚木。まーた本厚木から買い物客が流出してしまうのか~~と考えると少し気が重いですがね。まぁとにかく、これからの平塚の商業的発展に乞うご期待です。

 

 9(投)横浜(神奈川県横浜市

f:id:Eiyoku_JK:20180120165510j:image

横浜~~~って感じですね。優。華。雅。我らの星横浜。ここでは一応横浜と広い地域を指す語を書いていますが、横浜駅から中華街まで市街地が実質ほぼ一体化してるので、横浜中心部、と捉えてください。

日本一のショッピングタウンといっても過言ではないでしょう。商業施設はこれ以上ないほど充実していますし、他にもコスモワールドなどの遊園地や日本三大中華街に数えられる横浜中華街などの繁華街も有しており、1日中遊べる街となっています。まさに町中がテーマパーク。また赤レンガ倉庫や山下公園など観光地も数多くあり、観光にも特化した街であります。勿論、ベイスターズの本拠地である横浜スタジアムもここにあります。また交通のアクセスも非常に良い。JR東急京急相鉄みなとみらい市営地下鉄。新幹線駅が新横浜駅なのは結構不満ですが、そこに目をつむれば非常に素晴らしい利便性を持った街です。

まあなんだかんだで一番好きな街です。やっぱ歩いてて楽しいですし、皆で遊びに行くのも一人で行くのも良い。横浜を題材にした下車が多いのも納得です。

 

 以上です。代打代走守備固め中継ぎ抑え監督は面倒くさいので割愛します。

この打線を見て改めて関東に偏りすぎだなぁとはっきり思いますね。井の中の蛙感がガンガン出てます。仙台とか札幌とか長崎とか沖縄に行ったことあるんですけどね。もう忘れちゃいましたね。

この他にも関東には武蔵小杉、立川、柏、津田沼などエモそうな街がたくさんあります。財力的な部分で網羅出来てないので、春になったらぜひ行きたいですね。

さて、自分の知見の浅さ、価値観の狭さ、文章力のなさその他諸々自分の悪いところが露呈してしまった記事となってしまいましたが如何でしたでしょうか。この「好きな街で打線を組んでみた」はシリーズ化していきたいと思っています。回を追うごとに日本中の様々な街に詳しくなっていき、また自分の「好きな街」という概念をより深く打線という形で表現できていければいいなぁと思っています。かなり長い文章となってしまいしましたが、ここまでのご拝読まことにありがとうございました。